最も大切なのは出せる家賃の設定

貴方が思っている希望通りの物件の理想を挙げていたらきりがなくなり、理想的な物件に出会うことが出来なくなってしまいます。
貴方の条件にピッタリなもので、さらなる好条件になると、もちろん家賃も上がりますので注意しましょう。

 

不動産屋で貴方の希望条件を伝えることとなりますが、その前に妥協出来る条件と出来ない条件を予め決めておくようにしてください。
実際に不動産屋へ行く時には、条件を決めておくことで担当者から理想の物件を案内してもらうことが出来ます。

 

貴方の希望する条件をいろいろと細かく決めてしまいますと、当然のことですが条件に合った賃貸物件が少なくなってしまいます。
例えば2部屋の物件を探しているのでしたら、1部屋でも大きなリビングがあれば良いなどの妥協条件を決めておきましょう。 「この賃貸物件がイイ!だから上限賃料を増やそう!」という考え方は後々後悔をする典型的なパターンです。
一ヶ月の収入をよく計算して、上限賃料を上げるのは最終的な手段として考え賃貸物件探しをしていきましょう。



最も大切なのは出せる家賃の設定ブログ:2021年11月30日

減量中の主食として、
みなさまは、菓子パンとライス、どちらを選びますか?
 
減量に関して言うと、
ライスの方が主食として適しているみたいですよ。

ライスは、原料に水を加えてそのまま炊くだけですが、
菓子パンは、小麦粉にバターや砂糖などを加えて焼き上げたものなので、
その分ライスに比べて高カロリーなんです。

また、それぞれの付け合わせ(おかず)の選択にも影響してきます。

ライスの場合は、
豆腐や納豆、野菜の煮物などでおいしく食べることができますが、
菓子パンの場合は、ハムやベーコン、卵などが欲しくなりますよね。

トーストにした場合も、おいしく食べるためには
バターやジャムを使ってしまい、
結果として脂肪分を摂りすぎてしまうことになってしまいます。

トータルすると菓子パンの方が高カロリーになってしまうんです!

食事の量を減らすと、すぐに腹が空いてしまう!
だから、量はそのままでカロリーは低く抑えたい…
そんな要望に応えてくれるのが、
低カロリーな食材を使った混ぜライスです。
 
海藻や干ししいたけ、じゃこ、きのこ類などの食材を
ライスに混ぜて味付けをしてみると、
おかずはそんなに摂らなくても、おいしく食べることができます。
結果として低カロリーな食事で、栄養もバッチリです。

また、満腹感を得るためには、
ライスを「おかゆ」にしてしみてはいかがでしょう?
じっくり煮込んだおかゆは、元々のライスの量が少しでも、
食べごたえがあり、かなりの満腹感が得られます。

ライス1杯を、おかゆ1杯にかえるだけで、
約90kcalもの摂取カロリーを減らすことができるんです。

減量のために、ライスを活用しましょう!