初期費用として家賃の半年分程度は用意

賃貸物件探しをしている時に、誰もが最も気にすることがやはり家賃です。
経済的に安定した生活を賃貸で送るためには月収の1/3程度が望ましいと言われてます。

 

一般的な考え方としまして、賃料設定をする際には、自分の収入の3割程度までにしておきましょう。
家賃だけではなく、管理費や共益費などといった別途費用も必要となるので無理に高額な家賃の物件を選ぶのは避けましょう。

 

新しい賃貸物件へ引越しをする時には、最初の月の家賃だけではなく、初期費用として仲介手数料などを支払う必要があります。
諸々の諸経費を確認しておき、最低でも家賃の半年分程度は予め用意しておく必要があります。 あまりにも不動産屋の数が多く、どの不動産屋で賃貸物件の相談をしたら良いのか迷ってしまうことでしょう。
最初は大手の不動産屋に出向き、その他地域密着型の不動産屋などを併用してみると良いかもしれませんね。



初期費用として家賃の半年分程度は用意ブログ:2021年11月28日

今日は大切な日なんです♪


美人でファッションセンスもばっちりのセレブ風OL。
責任あるポストを任され、連日が忙しいキャリアウーマン。

このような方々の中には、
ダイエットをしようとしているのに、
「過食」が止まらないという悩みを持っている方が
結構いるようなんです。

このような「過食」の悩みを抱えている彼女たちの特徴は、
人と一緒にいるときは普通なのに、
一人になったとたんに食べるのをやめられなくなる…ということ。

明らかに心に何か問題を抱えているんですね。
つまり、その問題のほとんどが、
「誰かに愛されたい」という心の寂しさなんです。

しかし、
たいてい本人たちは
「仕事が充実しているから、好きな人がいなくても寂しくない」
「オレは孤独なんかじゃない。だって友人もたくさんいるし」
と思っているようですが…

小さい息子を見るとわかりますが、
母親が忙しく、甘えたくても甘えられない息子って、
よく指をくちにくわえていますよね。

これは、赤ちゃんのとき、
母親のおっぱいを吸って、
安心した記憶が残っているからなんですよね。

だから、不安なときや寂しいときに、
赤ちゃんの頃と同じようにくちに何かを触れさせることで、
心の寂しさを紛らわせようとするのです。

これは、大人になってもそれは同じことで、
「過食」してしまうということは、
「食事」という行為で、くちに何かを触れさせようとしているんです。

つまり、本人たちは無意識でも、
それは「愛されたい」と願う気持ちや寂しさの現れなのです。

頑張りすぎず、素直に愛を求めれば良いんです!
そうすれば、必ず正常な食欲に戻ってくるはず。
正常な食欲に戻れば、ダイエットはすぐに成功できるでしょう。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜