初期費用として家賃の半年分程度は用意

賃貸物件探しをしている時に、誰もが最も気にすることがやはり家賃です。
経済的に安定した生活を賃貸で送るためには月収の1/3程度が望ましいと言われてます。

 

一般的な考え方としまして、賃料設定をする際には、自分の収入の3割程度までにしておきましょう。
家賃だけではなく、管理費や共益費などといった別途費用も必要となるので無理に高額な家賃の物件を選ぶのは避けましょう。

 

新しい賃貸物件へ引越しをする時には、最初の月の家賃だけではなく、初期費用として仲介手数料などを支払う必要があります。
諸々の諸経費を確認しておき、最低でも家賃の半年分程度は予め用意しておく必要があります。 あまりにも不動産屋の数が多く、どの不動産屋で賃貸物件の相談をしたら良いのか迷ってしまうことでしょう。
最初は大手の不動産屋に出向き、その他地域密着型の不動産屋などを併用してみると良いかもしれませんね。



初期費用として家賃の半年分程度は用意ブログ:2022年05月13日

みなさんはどのようなショッピングをしていますか?

ミーはショッピングの仕方に、
減量成功のための
コツが隠されているような気がするんです。

みなさんは、ショッピングするとき
「いちいちショッピングに時間をとられるのはイヤ」と、
買いだめをしていませんか?

でも買いだめというのは、
減量にとっては、
決してほめられるやり方とは言えないと思います。

というのも、
買いだめをするということは、食料品の量が多くなります。
すると、食べる事の量も増えてしまいがちです。
これは、減量的には
足を引っ張ってしまうことになりますよね。

ですから、
ショッピングする回数を増やして、
買う量を少なくしてみてはどうでしょう?
すると、食料品の絶対量が減りますから
食べる事の量も自然と少なくなるんじゃないでしょうか?

ショッピングする時って、
スーパーの中をうろうろしませんか?
「あれを買ってなかった」とか
「あれも買ったほうがいいかなぁ?」とか
店内を行ったりきたりしますよね。

これって、意外とトレーニングになるんですよね。
ある意味立派なウォーキングといえます。

またショッピングするタイミングも重要です。
できることなら、食べる事をした後に行くといいでしょう。

食べる事をした後は、腹がいっぱいです。
腹がいっぱいの時には
なかなか食べ物を見たいとは思わないでしょう。

ですから必要最小限のものしか購入しなくなります。
特におやつみたいなものには、興味がなくなってくるでしょう。

おやつは、どんなに「やせる」という意思があっても、
目の前にあれば、どうしても手が伸びてしまうものです。
ところがどんなに手を伸ばしてもなければ、あきらめもつきますよね。